<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

念願のブロッケン現象

a0019601_2127152.jpg


日本アルプスに登って見たいものが二つあった。
ひとつはライチョウ。あの愛くるしい姿がなんとも言えず。ぜひモフモフしてみたい。たぶん触っちゃダメなんだと思うけど。夏バージョンと冬バージョンの両方を見てみたい。
あとひとつはブロッケン現象。
こんなに早くに夢が叶うとは思ってもいなかった。感動!
by miyariver | 2013-08-27 00:17 |  ∟北岳(百名山)

北岳2日目:北岳の肩〜広河原

2日目朝。4時頃に出発し一度アタックするも、雨模様でルートがあまりにも見えづらかったのですぐに断念。小屋前でご来光を見て、朝食を食べてからゆっくり出発することにした。
a0019601_21253965.jpg


肩ノ小屋の裏側へ回り込みながら登る。
a0019601_21255413.jpg



a0019601_2126888.jpgもやっていてルートが見づらいので前のパーティについていく。岩が湿っていて滑りやすいが、それを除けば比較的楽な登りでした。
a0019601_21261838.jpg


あっと言う間に山頂に到着ー! 3193m!
日本第2位の山、制覇なり!
a0019601_2126321.jpg

a0019601_212648100.jpg


しばらく山頂でガスが抜けるのを待っていると……


a0019601_21381941.jpg
ま、まさかの!
ブロッケン現象〜〜〜〜〜〜〜〜! 一生に一度見られるかどうか位に思っていたのに、いきなり遭遇しました!! すっごいラッキー。そして超、感動♪ すげー楽しい♪
a0019601_2127152.jpg


存分にブロッケン現象を堪能したので下山します。
a0019601_21271521.jpg


稜線ではずっとブロッケンw なんだかもう珍しくなくなるから消えてくれw
a0019601_21275526.jpg


雲上に浮かぶ間ノ岳。かっけー。
a0019601_2128769.jpg


北岳山荘への分岐。先のキレットがヤバそう。
a0019601_21282339.jpg


そして、富士山。北岳から眺める富士山はまた格別。単独峰はやっぱり美しいなあ。
a0019601_2128439.jpg


お花畑。
a0019601_2129070.jpg


八本歯のコルから見た北岳山荘と間ノ岳。間ノ岳から農鳥岳まで縦走したら楽しいだろうなー。時間があるときにチャレンジしよっと。
a0019601_212912100.jpg


丸太の階段を降りる。
a0019601_21293090.jpg


八本歯のコルから二股を見下ろす。
a0019601_21294250.jpg


丸太の階段の連続。八本歯のコルから上がってこなくてよかったかも。
a0019601_21295722.jpg


ようやく雪渓に降りてきた。正面には甲斐駒ケ岳の勇姿。
a0019601_21301369.jpg


一気に下山して、小屋でシャワーを浴びた後はお約束のカレー♪
うまいー! ビールも最高。北岳、本当にいい山だった。今度はテント泊で縦走しよう。
a0019601_21302999.jpg

by miyariver | 2013-08-22 21:31 |  ∟北岳(百名山)

北岳1日目:広河原〜北岳の肩

過去ハイクの写真が見つかったので、古い記憶を呼び起こしてのレポです。

なるべくガスが出ないうちに登るべく、例によって甲府のビジネスホテルに前乗り。
だけど、時期が8月の後半だったこともあり、明け方の広河原行きのバスがなく、朝電車で甲府に着くのと同じような時間帯にバスに乗り込んだ。いつもながらに無計画で家を飛び出た結果がこれ。登山コースも、アクセスのバスの時間すらロクに調べない悪い癖。この癖、いつか治さないとなあ。

お昼ちょっと前に広河原に到着。こんな時間なので人もまばら。
急いで野呂川の吊り橋を渡って登山開始!
a0019601_18513596.jpg


広河原山荘小屋。小屋の裏にはシャワーがある。下山したらシャワー浴びて、ここでカレーを食べよう。と、登る前から下山のご褒美のことを考え出す。
a0019601_18522540.jpg


大樺沢から見る北岳。思ってた以上にデカいなコレ。前を歩くおじさんも呆然と立ち尽くしている。
a0019601_18523934.jpg


「南アルプスの天然水」が飲み放題!
夏の南アルプスの水はとんでもなく旨い!
これをガブ飲みすると東京で水を買うのが本当に嫌になる。
a0019601_1852544.jpg


大樺沢をしばらく歩くと途中から雪渓に。ガスもだいぶ出てきた。
a0019601_18532670.jpg


二股。初日は肩ノ小屋に泊まるので、右股へ。
a0019601_18541075.jpg


ぐんぐんと高度を上げる。さっきまでいた二股があんなに小さく見える。
a0019601_18542215.jpg


そろそろ森林限界。ガスってきてオドロオドロしい雰囲気。
a0019601_18543414.jpg


小太郎尾根の分岐に到着。ガスっていて眺望はまるでなし。
a0019601_18544722.jpg


分岐からしばらく歩いて小太郎尾根を振り返ると、北東に向けて強風が吹いて、一気にガスがはけていく! 眺望はまったく期待してなかったけど、ガスっていても強風が一気に払いのけてくれるので、突然すっごい景色が現れることが多かった。
a0019601_18545789.jpg


トラバース道をあと少しあるけば肩ノ小屋。またガスってきた。
a0019601_18551981.jpg


と思ったら、また強風が雲を吹き飛ばす!大量の雲が一瞬で消える様は圧巻の一言。すげー。
a0019601_18553192.jpg


ちょっとした岩場を越えて、
a0019601_18554463.jpg


北岳の肩ノ小屋 キャンプ指定地です。
a0019601_18555636.jpg


キャンプ指定地から歩いてきたトラバース道を振り返る。絶景!
a0019601_18561046.jpg


そして、ようやく肩ノ小屋に到着〜。ここでも雲が吹き飛ばされていたw
a0019601_18562691.jpg


肩ノ小屋から見る甲斐駒ケ岳。
a0019601_18564054.jpg


風が強くなってきたので小屋でビール♪
テレビもあってすごく快適。小屋で出会ったおじさんに筑波大学の教授の学閥についての話を長々された。すごく興味深い話でした。結局、奥さんに長話を止められて終了〜。今度家に遊びに来い!としつこく誘ってくれたけど連絡先は教えてくれなかった。酔ってたのかな?www
年配の登山者たちとの会話という小屋泊の醍醐味を味わい就寝です。
a0019601_18565228.jpg


一日目はここまで。翌日は日出前に北岳山頂にアタックして、小屋に戻って朝食を食べる予定です。つづく。
by miyariver | 2013-08-22 18:57 |  ∟北岳(百名山)

手作りピザ、食べまくり!

2ヶ月に一度くらい、ものすごくピザが食べたくなることがある。
いろんなトッピングのものを、何枚も何枚も。

外で食べようかと思うんだけど、あーんなに原価がかかってなさそうなのに、結構いい値段するんだよなー。デリバリーなんて、もう論外だし。
そう、何枚も何枚も贅沢に、というわけにはなかなかいかないのがピザという食べ物。

だったら、自分で作ればいいじゃん! ってことで久々に「ツマミ惣研」発動ー!

a0019601_22175645.jpg

意外と簡単にできた、お店クオリティ!
トマトとナスとアンチョビのピザです。
食べてるうちに次のを焼いて、2枚目はシーフードピザ!
3枚目はタマネギ、オニオン、ニンニク、トマト、ナスの具沢山マヨピザ、と食べまくったー。
念願叶ったり。

すごくうまくいったので備忘録。
これ、発酵いらずですぐに食べられるところが秀逸!
1枚
強力粉:250ml
ドライイースト適当(3gくらい?)
塩適当(ひとつまみくらい)
砂糖:小さじ2
オリーブオイル(サラダ油でもいい):大さじ1
お湯(45度くらい):90ml

上記を手でこねて、丸く平たく伸ばしていく。
トマトソースを塗って、具を適当に散らす。
オーブンで焼く(250℃なら10分、220℃なら15分くらい)
by miyariver | 2013-08-21 22:34 | 【  ツマミ惣研  】

そういえばここも…

2012年のGWに草津温泉に行った際、“ぼた餅的”に百名山を登ってた。

草津白根山に湯釜を観に行って、あとでそこが百名山のひとつだったということに気づいたので、“登った”というよりは“たまたま登ってた”というカンジ♪
まあ、たまにはいっか。

草津バスターミナルから白根火山バス停(白根レストハウス)までが約30分。レストハウス前駐車場から湯釜展望所までが徒歩で約20分のコース。
ただ厳しかったのは寒さ! 草津の町は夏のような暑さだから当然薄着。でも山頂は写真のとおりブアツイ雪がかなり残っていて、近くではスノーボードを楽しむ人たちまでいた。
レストハウス内ではストーブが焚かれていて、外に出るのは相当勇気がいったが、ありったけのバスタオル(もちろん温泉用)を体中に巻き付けていざ出陣!

a0019601_17354898.jpg

すっごい色!
きれいな色してるだろ。ウソみたいだろ。
水なんだぜ。それで・・・

直径300m、水深30m。月面のような白い岩肌の火口壁にエメラルドグリーンの湖水をたたえた神秘的な姿だ!(引用)

草津の温泉は1円玉を入れておくと一週間で消滅するほど酸性が強いと言われるけど、ここはその比じゃないんだろーなー、と自分が湯釜に浸かっているところを想像しながら下山!

いい登山でしたw
by miyariver | 2013-08-14 18:23 |  ∟草津白根山(百名山)

いまさら、その後。

2009年の夏に無茶な計画で挑んだ木曽駒の日帰り登山。
千畳敷カールに着いたところで記事が止まってけど、
写真を整理してたら出てきたので今更ながら更新更新。

ロープウェイの混雑で、ここまで2時間押し。
帰りの高速バスが17時発だから、千畳敷〜駒ヶ岳山頂まで通常4時間のところを2時間ちょっとで往復しなくちゃならない。ちょっと無理っぽそうだけど、とにかく山頂めがけて駆け上がるのでした。おら〜。


a0019601_152646100.jpg

八丁坂から乗越浄土までは通常50分。とにかく走って20分で到着♪
まるで天国のような絶景を楽しむこともなく、そのまま駒ヶ岳へGO!

a0019601_15354490.jpg

うろ覚えだけど、たぶん宝剣山? だと思う。
だいぶガスってきたので先を急ぎます!

a0019601_15372415.jpg

これはたぶん宝剣山荘。雲がどんどん濃くなってくる。
みんながゆっくりしている横を、なぜか鬼の形相で走り抜ける。


a0019601_1544456.jpg
中岳を越えて、
駒ヶ岳山頂、駒ヶ岳神社に到着!(はしょりすぎw)
a0019601_15443384.jpg

2956m! もう完全に雲の中。
高いからというより、ただただ天気が悪い。
何か視界が5mくらいしかなくなって来た。バスの時間だけでなく、別の意味でもやばそうなので下山を急ぎます。

a0019601_15505447.jpg

何か本格的に見えなくなってきた。
途中道を間違えて宝剣岳に登りそうになるが、記憶にない道だったので途中で気づき、ルートをもとに戻す。

a0019601_15523647.jpg

そして、奇跡的に2時間ちょっとで千畳敷駅に到着!
これで急いでロープウェイに乗れば何とか日帰り間に合うぞ!
と思っていたら、黒い雲がモクモク。雷もゴロゴロ…。
一気に大雨が降り出して、ロープウェイが止まってしまった!

運転再開まで待つこと2時間。辺りはすでに真っ暗さん。
当然高速バスの時間は過ぎて、東京へ帰る術をなくしました。

とりあえず下山して、どこかのビジネスホテルに泊まろうと飯田線?にテキトーに乗り込んだけど、
これがすごい失敗。どこまで行っても真っ暗闇で、町の灯りすら見当たらない。
土地勘がまったくないから、路線図を見てもどこが大きな駅なのかもさっぱりわからす。
数時間乗り続けてようやく大きな駅に到着。ビジネスホテルに泊まって翌日電車で帰りました。

翌日車窓から外を見ると、甲府の辺りの自動車教習所が完全に水没してた。車が半分くらい水に浸かっていて、まるで湖。
あとで聞くとどうやら記録的な豪雨だったよう。
これさえなければ中央アルプス日帰りプランができたのに、
運に見放されて初の日帰り失敗の登山でした> <
by miyariver | 2013-08-14 16:07 |  ∟木曽駒(百名山)

2013夏!は八ヶ岳の最高峰へ

a0019601_1541178.jpg
今年の夏休みは八ヶ岳にチャレンジ! 百名山もようやく12山目?かな。まだまだ先は長い。

朝、東京を出たときは曇りだったけど、茅野駅に着いたら結構本格的な雨。天気予報だと翌日からは晴天だったので、あきらめずに雨の中を登ることを決意して美濃戸口行きのバスに乗り込んだ。





バスに揺られること50分。美濃戸口に到着。美濃戸口バス停にある山荘は温泉があった。帰りは必ずここで温泉に浸かろう。


a0019601_1551460.jpg

美濃戸口から歩いて40分ほどでやまのこ山荘、赤岳山荘に到着。

さらに10分ほど歩くと美濃戸山荘。
a0019601_1740499.jpg


ここがようやく登山口といったところで、北沢と南沢の分岐地点。
a0019601_17403051.jpg


今回は南沢から行者小屋へ向かう。雨が強くなる中、沢を何度か渡りながら歩を進める。
南沢は目印が少なくて道迷いにあいやすい、との情報を得ていたけど本当に分かりづらい。
a0019601_21265357.jpg
雨だから視界が悪いこともあり、途中何度も立ち止まっては目印を探して……ということの繰り返し。下山のとき、沢の向こう側でおばさんパーティが登山道でないところを突き進んでいて、こちらの存在に気づいて軌道修正する場面もあったくらい。

a0019601_21341454.jpg

雨の中歩いて、枯れ沢のようなところに出た。

a0019601_21361399.jpg

歩くこと3時間くらい。ようやく赤岳が見えた!!
雨も上がって、少し雲の隙間に青空も見えてきた!
それにしても、そそり立つ岩壁……あれ、どうやって登るんだろう。

ようやく行者小屋へ到着。
a0019601_224322.jpg

10時半くらいから登りはじめて、行者小屋に着いたのが13時半頃。
テント泊装備のときは、このくらいの距離がちょうどいいカンジ♪

そして、突然晴れてきた!!
a0019601_2213429.jpg

ルービーも冷えてる!!
a0019601_22131838.jpg

テント場、超広い!
早速、ビールを飲みながら設営。
他には2幕しかなかったから、贅沢に場所を使ってみる。
a0019601_22133685.jpg



a0019601_22173451.jpg
明日の朝までは何もやることがないので、ビールを飲みながら石を積んでみる。


昼ご飯はカレーとみそ汁。最近は、このタイカレー缶がお気に入り。
喧噪を離れて、何もすることもなく、ビールが飲めて、目の前には絶景!幸せな時間だなー。
何か辛くなったら、この写真みて癒されよっと。
a0019601_22171323.jpg



翌朝。4時くらいに目が覚めたけど、暗くて寒いので二度寝w
周りでは、準備の声が忙しい。
少し日が出てきてから27Lの小さいリュックに荷物を詰めて、
他はすべてデポして頂上を目指す。
行者小屋から赤岳山頂へのルートは主に2つ?で、
地蔵尾根と文三郎尾根。グルッと一周することも考えたけど、
雨の中を歩いてだいぶ疲れていたし、早く家に帰ってゴロっともしたかったので、
テント場から何となくルートが見えていた文三郎尾根を選択!
しかも帰りも同じルートでササっと帰ってきちゃおう、ともう完全にホームシック状態。

a0019601_23442877.jpg

そうと決まれば、早速出発!
天気は相当いいぞ〜。写真は阿弥陀岳。
あれが赤岳かな?と思いながら登り続けるw

a0019601_2350525.jpg

鉄階段の連続。一気に高度を上げていきます。

a0019601_23511096.jpg

振り返ると、行者小屋があんなに小さい!
コワ〜。結構高度感があるんだよなー。
降りるときどうしよう、とばかり考えるようになる。

a0019601_23512911.jpg

何か十字架みたいなの発見!
ここでようやくさっきの山が赤岳でないことに気づく。
やっぱり左のゴツゴツしたやつかあ〜。
さっきの写真の山のほうがよかったな(安全そうで…)

a0019601_23515561.jpg

こいつが赤岳!

a0019601_23522677.jpg

おっさんが大変なことになってる!!
気をつけて!

a0019601_23524468.jpg

見下ろすとコワいけど、だいぶ慣れてきた。

a0019601_2353978.jpg

あとひと登り!

a0019601_23533580.jpg

赤岳山頂小屋さんっ!

a0019601_23535357.jpg

富士さんっ!

a0019601_2354871.jpg

頂上の棒さんっ!

a0019601_011197.jpg

ということで登頂〜♪
景色さいこー。

あとはそのまま同じルートで引き返して、行者小屋でテントを撤収。
ビールを飲んでから出発。美濃戸山荘まで降りてきてビールで休憩。
美濃戸口で温泉に入ってビール飲みながらバスを待つ。
バスの中でビールを飲みながら、背後の八ヶ岳を眺める。
茅野駅からビールを飲んで帰宅〜。ビールばっか飲んでたなw
いい山だったぜ、八ヶ岳! またきます!!
by miyariver | 2013-08-13 17:42 |  ∟八ヶ岳(百名山)


日本百名山、完登への道! ほか趣味やお酒や料理やら


by miyariver

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
【ホッピーMANIAX】
【 三鷹台全体MAP 】
【ミタカヒルズ紹介】
【ミタカヒルズ周辺】
【登山】
 ∟富士山(百名山)
 ∟日光男体山(百名山)
 ∟金時山
 ∟御岳山
 ∟大岳山
 ∟高水三山
 ∟乾徳山
 ∟大菩薩岳(百名山)
 ∟瑞牆山(百名山)
 ∟霧ヶ峰(百名山)
 ∟甲斐駒ケ岳(百名山)
 ∟仙丈ケ岳(百名山)
 ∟北岳(百名山)
 ∟鳳凰三山(百名山)
 ∟荒川三山(百名山)
 ∟木曽駒(百名山)
 ∟八ヶ岳(百名山)
 ∟草津白根山(百名山)
 ∟燕岳(新百名山)
【アクアリストへの道】
【  ツマミ惣研  】
【サンセベリア日誌】
【  彫刻マニア  】
【  温泉大好き  】
未分類

以前の記事

2015年 06月
2015年 05月
2014年 11月
2014年 08月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 03月
2011年 08月
2010年 01月
2009年 08月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2006年 08月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

メモ帳

フォロー中のブログ

たべもの日記
花鳥諷影
青葉台のおいしいお店食べ...
メゾン・ド・そらコウ
キューブ水槽でアクアリウム
ドキドキさせてよ
山日和 -今日も いぃ天気-
山の上には何がある。
山想う。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧